ふくらはぎボトックスの効果

40207255_2124672391081996_1670647817490486123_n

ダイエットをしたいという人の太っていて気になる部分はほとんどが下半身です。
といっても下半身は脂肪を蓄えやすいため、なかなか痩せることができません。

そこで注目されているのがボトックス注射です。
たとえばふくらはぎにボトックス注射を行うと細くなります。

これはボトックス注射の成分が筋肉に作用して筋肉を麻痺させることで筋肉が落ちるからです。
効果が現れるのは人によって違いますが、平均すると施術後2週間ぐらいでだんだんと細くなっていくのがわかるようです。

急に細くなるわけではなく、だんだんと細くなっていくのが特徴です。
ボトックス注射はメスを使わず手軽に受けやすい美容整形術のひとつですが、手軽であると同時に効果が永続的ではありません。

早い人で4~5ヶ月、平均して半年ぐらいでボトックス注射の効果が薄れてきます。
するとまた少しずつ筋肉がついてくるので、効果を続けたいと思うなら効果が切れる前に再度ボトックス注射をしましょう。

効果が切れる前に、といっても通常はボトックス注射後3ヶ月は間を開けたほうがいいでしょう。
ごくまれですがボトックス注射の成分に抗体ができてしまって効果が続かないという人もいるということなので慌てずに効果があるか見極めましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE