ふくらはぎボトックスの治療法

cel05

なかなかやせにくいふくらはぎの痩身法として注目されているのがボトックス注射です。
ボトックス注射は筋肉を細くすることができるので、ふくらはぎの気になる筋肉部分に注射をすることで、細くすることができます。

ふくらはぎの筋肉は通称「子持ちシシャモ」ともよばれる部分で、下腿三頭筋といいます。
女性の場合、筋肉が発達しているのは学生の頃運動をしていたとか、歩き方が悪かったりすることなどで発達することがあります。

また、むくみやすい部分でもあるのでボトックス注射をする前にむくみを解消する努力をしてみるといいでしょう。
ボトックス注射の治療法はその気になる筋肉部分に行います。

ふくらはぎの筋肉に力を入れるかまたは足首を伸ばした状態にして筋肉部分に6箇所ぐらいずつ印をつけます。
そこにボトックス注射を行います。

ボトックス注射は5分から10分ぐらいの短時間で終わります。
もちろん麻酔をする場合はもう少し時間がかかりますが、短時間で済むので簡単な施術方法といえます。

ボトックス注射をした後もそのまま歩いて帰宅できます。帰宅後、腫れたり痛むことはほとんどなく、
内出血などボトックス注射をした跡が残ることもありません。

少しふくらはぎがだるく感じることがあるかもしれませんが、特に長引くようでなければあまり気にすることはありません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE