ふくらはぎボトックスの副作用

images

ボトックスは極めて安全性の高いふくらはぎを細くする方法です。
ですが、ごくまれにボトックス注射による副作用が出てしまう人がいます。

といっても命に関わったりする重大なものではないことが多いです。
例えばふくらはぎに注射をするのでものすごく痛みを感じ、あとでも痛みが残る場合があります。

これはどんな注射でもものすごく痛みを感じる人と、そんなでもないという人がいるように同じ医師の注射でも痛みを感じる程度に違いがあるからです。
もし痛みに強くないなら、局部または全身麻酔をかけるという方法も選択できると思うので、施術を担当する医師と相談しましょう。

話に聞いていたのとは違う別の痛みの場合はすぐ医師に言いましょう。
このボトックス注入による痛みは注射をする箇所や量などによっても違いますし、もちろん医師の腕によってもかなり違います。

そのほかに施術後、頭痛を感じる人もいます。
少しすればおさまってくるはずです。

また、ふくらはぎに注射の針をさすのでその部分が内出血をしてしまう人もいます。
血液検査のときに注射針によって内出血を起して少し紫色になるのと同じですので、特に心配はないでしょう。

ただし、どの場合もいつまでたっても痛みなどがひかない場合や、あきらかにちょっとおかしいと感じた場合にはすぐに医師に見てもらいましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE