ダイエット停滞期でも運動を継続することが大切

美容と健康の家

ダイエットの停滞期は、摂取カロリーを減らしたり、運動をしている時に起きることです。スリムになりたいからとダイエットを始めたのに、しばらくするとやる気が起きなくなるのは、この停滞期が発声するためです。ダイエットをはじめた当初は、運動にしても食事制限にしても、それまでの生活との違いが体に大きな影響を与えるので、変化が現れやすくなっています。しかし、ダイエットを始めてから何日か経過すると、始めのうちは順調に減っていた体重が、急に減らなくなってしまいます。これが停滞期と呼ばれています。ひとたび停滞期に突入すると、体重の減りが急に悪くなって、ほとんど減らなくなってしまったりします。苦労して食事制限や、運動を続けているのに結果が出ないと、モチベーションが低下して、続ける意欲が出なくなってしまいます。停滞期になるとダイエットが進んでいないように見えますが、ダイエットに必要なステップの一つとして、停滞期を捉えることが大切です。唐突にカロリー摂取量が減ると、それでも身体機能に支障が出ないよう、代謝を抑え、エネルギーを使わないようにと体は反応します。要するに少量の食べ物でも、体の機能を正常に保つ働きをしてくれるので、いくら食事制限によるダイエットをしても、効果が無くなってしまうのです。ダイエットに停滞期があることを知らないと、このくらいの次点でダイエットをやめてしまうようです。ダイエットのために減らした食事や、運動に体が慣れてくると、停滞期になってきます。停滞期こそしっかり運動をして、カロリー制限をすることで、脂肪は減り、筋肉がついた体になれます。もしも、停滞期になって体重が減りづらくなっていると感じるとしても、ダイエットそのものはうまく進んでいるという認識を持って、ダイエットは中断させないようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE