敏感肌や乾燥肌の人にはミルククレンジングがおすすめ

美容と健康の家

ミルククレンジングは、数あるクレンジング剤の中でも、特に低刺激のクレンジングを求めている人向きです。クレンジングを選ぶ時は、お肌の状態に基づいて検討することが大事です。毛穴の奥まで入り込んだメイク汚れを洗い落とすには、リキッドタイプや、オイルタイプのクレンジング剤が適しています。肌の乾燥がびどくなったり、お肌が赤くなってしまう場合は、クレンジング剤の刺激に肌が負けてしまっているのかもしれません。油分を分解する力が強すぎると、皮膚がもともともっているバリア機能も破壊してしまいます。皮膚にしっかりなじみ、汚れを分解する機能があるクレンジング剤といえば、ミルククレンジングです。洗顔後の肌がしっとりしているのは、肌にもともとある油分は保持されているためです。メイクの油分を分解する力はそれほど強くないものの、肌にかかる負担が少なく、皮膚自体の皮脂成分は残しておけます。クリームクレンジングも洗い上がりの感触が自然ですが、ミルククレンジングのほうが柔らかく洗いあげられます。洗顔にかかる時間が短く済むクレンジング剤を使ったほうが、ちょっとくらい刺激が強くても、皮膚にとっては優しいといいます。洗浄力が強いクレンジングで目のまわりや口元のメイクは落とし、それ以外の部位には刺激が優しいミルククレンジングを使うのも賢い手法です。クレンジング剤を選ぶ時は、場所によって異なるクレンジング剤を使ったり、化粧の濃さや、肌の状態などを考慮に入れて選択することが大事です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE