メディカルエステでの美白治療と効果について

美容と健康の家

美容クリニックで施術を受けることができるメディカルエステは人気が高く、特に美白コースを受ける人が多いようです。ビタミン誘導体やプラセンタには美白作用があり、メディカルエステで行われる美白ケアで利用されています。美白にいい成分をイオンの性質を利用して導入すると、高い浸透率で皮膚の奥にまで送り届けることができるようになります。医師がいなければ扱えないような薬品や、器機を用いて美白施術を行えることが、メディカルエステの強みといえます。ピーリングは、美白の効果が得られる施術の一つとして、メディカルエステで利用できます。ピーリングを施すことによって、皮膚の一番外側に残っていた古い皮膚を剥がしとり、新しいきれいな皮膚を表に出します。お肌の新陳代謝が活発になることによって、くすみや、しみを取り除くことができます。ハイドロキノンやトレチノインは漂白作用に優れており、メディカルエステでは外用薬として処方されています。これらの成分はメラニン色素を作る機能を抑制することができるので、お肌を白くしたい人におすすめです。お肌を白くみずみずしい状態にするために、メスを用いた美容手術ではなく、レーザーを皮膚にあてるという簡単な施術が受けられます。メラニン色素の黒いところにだけダメージを集める光をあてることて、しみやそばかすにだけ効果を及ぼし、皮膚自体には何も起きないという美容施術ができます。この頃は、再生医療の応用で、お肌に必要な成分を時間をかけて与え続けるような施術も行われており、メディカルエステに関する技術はどんどん便利になっています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE