顔にできたシミを消す方法とは

美容と健康の家

強烈な紫外線にさらされた肌や、年をとった肌には、どうしてもシミができてきます。病院でシミの治療をしてもらうことも可能ですが、家庭でできるケアもありますので、そちらから試してみるといいでしょう。皮膚科でのシミ治療は専門の医師によるものなので、シミ解消の効果も期待できますが、自分でできるシミ解消の方法もあります。ハイドロキノンは、シミをつくるメラニン色素の活動を抑える効果があるもので、シミ対策によいと言われ、スキンケア用品に使われています。どの程度のシミができているかでも異なりますが、わずかなシミ程度であれば、スキンケア用品でも対策が可能といえます。ハイドロキノンは同じく美白効果をもつとされているビタミンCなどの成分よりも高い効果が期待できるものとなっています。ハイドロキノンが含まれているスキンケア化粧品の場合、肌が過敏な人が使うと、赤く腫れてしまうことがあります。トラブルを回避するためには、肌が弱い人はハイドロキノン5%未満の商品にすることや、パッチテストをしてから顔に塗ることが重要です。スキンケア用品で肌の外側からケアすると同時に内側からもケアしていきましょう。身体内部で活性酸素の量が多くなると、そばかすやシミがなかなか消えなくることがあるようです。抗酸化作用のある食品を摂取することで、活性酸素が増えないようにすることが可能です。ナッツ類やレバー、豚肉、柑橘類、緑茶などをできるだけ摂取するようにするといいでしょう。シミを消す対策を行うことはもちろんのこと、新たなシミができないように日頃の生活でも紫外線対策などをしっかり行うことが大切になります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE