豆乳ダイエットを実践するときのポイント

美容と健康の家

豆乳ダイエットをする時は、無調整豆乳を利用するとよいと言われています。市販の豆乳は、無調整豆乳と、調製豆乳があります。大豆を煮て、よく絞った時にできるものが無調整豆乳です。調整豆乳は、脱脂加工大豆や、丸大豆に食品添加物や、調味料を加え、飲み口をよくしてある豆乳のことをいいます。無調整豆乳と、調製豆乳とでは、大豆の固形分が違うので、区別する必要があります。JASでは、大豆固形分が8%含まれていないと無調整豆乳とは認められず、調製豆乳は6%となっています。高たんぱく低カロリーの食事を心がけるのは、ダイエットの基本ですので、同じ量を飲むなら無調整の豆乳がお勧めです。もしも、その飲み物に豆乳飲料と書かれていたら、もっと大豆固形分は少なめです。豆乳を飲む時間帯は、おやつ時や、食事の前がいいでしょう。一回の摂取量は、200ml程度がよいと言われています。女性ホルモンと働きが似ているイソフラボンが豆乳には含有されているため、過剰摂取にならないように気をつけましょう。豆乳ダイエットを行う時には、長期にわたって毎日豆乳を摂取する前提で計画を立てる必要があります。食品安全委員会という内閣府の組織によると、イソフラボンを1日に摂取してもいいという量は、大体70~75mgまでです。無調整の豆乳に含まれるイソフラボンはだいたい45㎎程度になります。豆乳ダイエットをする場合には、いくらダイエットと言っても飲みすぎは良くありません。普段の食事でも、大豆製品を食べることは少なくありませんので、ダイエット中でも、豆乳は1日に200ml程度で足りるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE