ダイエットを断食で成功させるならリバウンドに注意

美容と健康の家

短期の断食によってダイエット効果を得るという方法がありますが、事前に心がけておきたいことがあります。一時的に体重が減っても、その後増えては意味がありませんので、リバウンド予防が重要になります。断食と言っても食事の内容にはいろいろあり、一般の方が個人的にダイエットをする場合は、絶食するのは避けるべきです。特別なことを何もせずに、今までの生活から急に食事だけを抜いた生活をすると、健康状態を損ねてしまうかもしれませんので要注意です。一切の食事をしないという絶食ダイエットを行うよりは、食事制限や、置き換えダイエットのほうが体への負荷は少なく済みます。断食ダイエットで、置き換えをする回数は1日1食が基本ですが、短期限定で痩せるなら1日2食の方法もあります。リバウンドのリスクが高まる要素として、断食中にたんぱく質が足りなくなることがあります。筋肉が減ると低代謝の体になり脂肪がつきやすくなりますが、筋肉はたんぱく質でできています。肥満になりやすい方ほど、脂肪分の摂取が多くて、タンパク質が少ない傾向があります。たんぱく質不足になりやすい状況として、野菜をメインとした置き換えダイエットをしている場合があります。人体は、たんぱく質と水から体をつくっています。もしもダイエットのために肉を減らすつもりなら、豆腐や魚でたんぱく質は確保してください。ダイエットとは食事制限をして綺麗に痩せることです。リバウンドするような食事制限はダイエットとは呼ばないのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE