サプリメントによる肝機能への影響

美容と健康の家

肝臓の働きをサポートする目的で、日頃からサプリメントを利用しているという人は多いようです。けれども、肝機能が下がっている原因が、健康のために使っているサプリメントのせいという場合があります。肝機能へ影響が出る理由として考えられるのは、サプリメントの中に余計な添加物が入っていることです。添加物の入ったサプリメントを長く飲み続けていると、肝臓に悪い影響を及ぼすこととなり、健康をを害することに成りかねません。サプリメントに含まれていた添加物が肝臓に蓄積されると、肝機能を添加物が圧迫してしまうことになります。体にとって必要の無い添加物がたまって行くと、肝臓に相当な負担を強いることになります。肝臓に添加物が溜まったために、肝機能が損なわれる可能性があるわけです。このほかには、脂溶性の栄養素が肝臓に集まったせいで、体調が悪くなるというケースもあるようです。多くのサプリメントに含まれるビタミンの中には、脂溶性の成分が入っている場合が少なくありません。脂溶性ビタミンは、肝臓に蓄積しやすいため、添加物と同じように一定の量になると分解されていきます。これが水溶性ビタミンなら、飲み過ぎた分は尿などで排出されるのですが、脂溶性ビタミンの場合は、一度肝臓に集まって分解されなければいけません。肝機能への影響を少しでも軽減するためには、脂溶性ビタミンは食事として摂るようにし、サプリメントは数回に分けて食後に摂るようにすることが大切です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE