クレンジングミルクとクリームの使い分け

美容と健康の家

クレンジングはお化粧をしている人なら毎日使うアイテムになります。普段使用する化粧品なので、購入する時には自分の肌に合ったものを慎重に選ぶことが必要になります。普段している化粧の内容や、肌のコンディションなどで、使うといいクレンジングは異なります。肌本来の油分を取り除いていまうことがありますが、オイルクレンジングなら、化粧汚れをきちんと落としてくれるでしょう。肌が乾燥する時は、クレンジングをミルクかクリームに変えてみることをおすすめします。アイメイクにウォータープルーフなどの落ちにくいしっかりしたメイクをしている場合は、細かく使い分けることも大切です。部分的にオイルクレンジングで落として、ベースメイクはミルクかクリームで落とすという風に使い分ける方法がおすすめです。ミルクやクリームの場合は、あまりに濃いメイクだと落としきれない事もあるので、その場合は肌に負担がかかったままになってしまいます。オイルクレンジングほど洗浄力が強くないクレンジング剤は、もともと薄めのメイクしかしていないという人に対して有効な商品です。ミルク型のクレンジングは、肌の保湿力が強くなく、ちょっとしたことで乾燥するという人に適しています。ミルクタイプのクレンジングは洗浄力が弱い分、肌への負担も軽減されます。クリームタイプのクレンジングはメイクが少し濃いめだけれど、肌への負担を減らしたい人におすすめです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE