顔のたるみを改善する方法

美容と健康の家

皮膚は、表皮と真皮そして皮下組織の3層から形成されており、それらの層の下に脂肪と筋肉が存在しています。若いうちはみずみずしく白い肌で、しわもたるみもありませんが、加齢によってだんだんと老化は増していきます。若いころは、お肌のターンオーバーが積極的に繰り返されていて、古い肌が新しい肌と交代し続けています。常に新しい肌が表面に出てきていますので、ハリのあり、もちもちしたなめらかな肌でいられるわけです。しわやくすみが肌にいつまでも残るようになるのは成人後で、それからはだんだんと肌のたるみが増してきます。加齢による肌の変化を抑制することは難しいですが、進行度合いを減らすことはできるといいます。肌の老化による顔のたるみをできるだけ予防するには、紫外線を浴びないことが最も効果的です。美肌成分であるコラーゲンなど、お肌のためになる成分を体内に取り入れることも重要です。お肌の代謝を促進し、正しいターンオーバーをキープするためには、質のいい睡眠時間を確保することです。表情筋を使ったエクササイズを毎日行うことも、肌の血流を改善し、老化を予防することができます。顔の隅々にまで血液が流れるように、表情筋を意識して動かすことで表情が生き生きとしますし、たるみも目立たなくなります。ストレスを溜め込みすぎず、くよくよ悩まないということも、たるみの改善効果があります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE