間違ったケアは肌のトラブルの原因に

美容と健康の家

肌トラブルの原因となってしまうものには、様々な要因が考えられますが、自分で気をつけることで事前に防げるものがほとんどです。可能であれば肌トラブルは回避したいものです。肌トラブルにならないためには、要因をまず突き止めることが大事です。肌トラブルの原因には、肌の水分不足や、紫外線の影響があるとよく言われますが、その他に、スキンケアの間違いがあります。お肌のためにと思って実行しているスキンケアが、肌トラブルを引き起こすということもありえます。肌のためにと思ってずっと続けていたことが、実は肌にはよくないことであり、肌トラブルの原因になっている可能性もあります。スキンケア目的で、洗い落とす力が強すぎるクレンジング剤を使っていたところ、皮膚の表層にダメージが及んでしまったということがあります。皮脂が極端に少なくなると、自己防衛機能が働いて、皮膚表面に皮脂が過剰に分泌されるようになってしまいます。サウナなどに入り、皮脂汚れをきっちりと落としたつもりでも、お風呂から出た後数時間もすると、顔の皮膚がてかてかしている人がいます。これは、お肌の防衛機能が働いた結果です。一気にたくさんの油脂が分泌されたことで、雑菌がふえやすくなり、にきびなどの要因になります。皮膚の状態をコントロールするためには、洗顔後には保湿クリームや乳液を使って、お肌の水分量を整えることが大事になります。お肌に負担のかからない洗顔をするためには、ゴシゴシ皮膚をこすらないことや、洗顔後よくすすぐことなど、いつくかのコツがあります。皮膚の細胞は、常に古い細胞と、新しい細胞がとってかわっています。皮膚の新陳代謝を促進するよう、スキンケアの正しい方法を覚えましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE