花粉症は乳酸菌サプリメントで改善できるのか

美容と健康の家

乳酸菌は、花粉症の症状を緩和する作用がある栄養素だと言われており、多くの人が積極的に補給しています。花粉症の対策として、乳酸菌をサプリメントを利用して、積極的に摂取している人が、多くいるそうです。花粉症の症状は、なぜ起きるのでしょうか。花粉症について知識を深めることは、花粉症対策に有効だといいます。そもそも花粉症はなぜ起こるのかというと、体内に異物が入ったと体が感知したときに、それらを排出させようとするために起こるのです。体内には、免疫のシステムをコントロールしているヘルパーT細胞というものがあり、それには1型と2型があります。体の中に入ってきたものに対し、2型細胞がインターロイキン4という伝達物質をつくると、抗体が異物を外に追い出します。乳酸菌を体内に取り入れておくことで、異物を排出するための抗体がつくられにくい状態にすることができます。花粉症だけではなく、さまざまなアレルギーを引き起こすアレルゲンも、たいていは口や鼻から摂取されて腸内にたまります。サプリメントを摂取し、腸内環境を整えることができれば、花粉症の症状を軽減することが可能になるといいます。サプリメントなどを利用して乳酸菌を摂取し、腸内に善玉菌を増やすことによって、アレルギーを引き起こすアレルゲンの体内への取りこみをとめることができます。サプリメントは薬とは違い、即効性は期待できませんが、時間をかけて乳酸菌を摂取しながら、徐々に腸内の環境が変化していくことを目指します。花粉症サプリメントを使う時には、花粉のシーズンになる3カ月前くらいからが飲み頃だといいます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE