自力で二重にする方法について

美容と健康の家

インターネットを検索すると、自力で二重にする方法が数多く紹介されています。アイプチは、自宅で二重まぶたになる方法としては、最もオーソドックスなやり方だといえます。二重まぶたにしたい部分にアイプチをつけて、一重を二重にできます。まぶたに接着剤のようなものをつけて、皮膚通しを貼り付けるという方法です。アイプチは誰でも簡単にできる方法なので、多くの人に実践されており、人気の二重になる方法です。アイプチを使い始めた頃は、洗顔で二重まぶたは元の一重に戻りますが、長期間使っていると、まぶたが自然と二重になります。アイプチよりも低価格で二重まぶたになれる方法としては、ばんそうこうをアイプチ代わりにするという方法です。絆創膏の粘着部分を細長く切り、アイプチと同じ要領で、二重のラインを作りたいまぶたの部分に貼り付けます。爪楊枝の持ち手の部分など、細い棒状のものを用意して、絆創膏を貼ったところを抑えることで、二重まぶたの癖をつけます。何もつけなくても二重まぶたになるまでやり続けるには、一度や二度ではなく、毎日この方法で皮膚を二重にする作業が求められます。美容整形に比べて、お金が掛からない簡単な方法ですが、根気強く毎日しなければなりません。眉毛を動かさず、上目使いになり、目を開くという動作を繰り返し行うことで、コストをほとんどかけずに二重まぶたになることも可能だといいます。この方法で二重まぶたになるためには、アイプチと同様、毎日根気よく続けることで、だんだんとまぶたが二重まぶたになるというステップを踏まねばなりません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE