肩こりの対策としてサプリメントを飲む方法

美容と健康の家

仕事中の姿勢がほとんど変わらない人や、机に向かって作業をする人が多い人は、肩こりの症状に悩まされがちのようです。肩がこっているからといって、仕事を変えたり、休んだりすることは出来ないので、ますます肩こりの症状は悪くなってしまいます。どうして肩こりになってしまうかを理解することで、対策を講じることが可能です。人間の体はずっと同じ姿勢でいると筋肉の収縮が行われずに血流が悪くなってしまい、肩こりの原因になってしまいます。パソコンなどで目を酷使しすぎたことによる目の疲れなども肩こりの原因になっている場合があります。肩の筋肉をストレッチで柔らかくすることで、血液が流れやすくなります。マッサージで筋肉を柔らかくすることは、ストレッチや運動で筋肉を動かすことと同様に効果が得られます。マッサージの他にもサプリメントを飲んで、体の内側から肩こり対策をする方法もあります。イチョウ葉エキスのサプリメントは、血液の流れをスムーズにする作用がありますので、血流の停滞による肩こりに対して効果があると言われています。末梢血管拡張作用がある酢酸が含まれている黒酢、血流改善に加えて筋肉の疲労回復も助けてくれるビタミンBやC・Eなども肩こりのサプリメントとしてよく知られています。また目の疲れによる肩こりの場合は、眼精疲労を予防する効果があるとされている、アントシアニンという成分が有名です。最近は、眼精疲労に悩まされている人が多いことから、アントシアニンが豊富なブルーベリーやヒルベリーのサプリメントが人気です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE