肌の乾燥はトラブルの原因になるので要注意

美容と健康の家

肌が乾燥しているとキメが粗く色ツヤが悪くなり、くすんで見えるようになってしまうので、事前に対策しておくことが大切です。保湿力が低下し、乾燥しやすくなっている肌は、日焼けに対する耐性も低下しています。そのため、しみやそばかすもできやすくなります。肌に必要な水分がないと、肌トラブルがいろいろと起きるようになります。化粧品の刺激に負けて、肌がひりつくようにもなったりします。多くの肌トラブルは、乾燥がその背景にある可能性が高いですので、皮膚の乾燥対策をきちんとしておくことが重要になってきます。肌の角質層にしっかりと水分を与え、剥がれたり、脆くなったりしないようにケアすることが、肌トラブル予防になります。肌の水分が不足していると、角質層の細胞がしっかり育たずに表面に出てきて、細胞の間にすきまができます。角質細胞の間に隙間ができた状態になるとキメが粗くなって、色ツヤがなくなり、見た目もくすんでしまいます。細胞と細胞の間がスカスカだと、紫外線が肌の深層にまで浸透し、そばかすやしみがふえやすくなってしまいます。乾燥した空気や、汚染された大気なども肌の奥まで到達しやすくなりますので、肌トラブルが起きやすくなります。肌の一番外側を覆っている角質層は、お肌を外部の刺激からガードする機能がありますので、肌を乾燥から守ることは非常に大事なのです。乳液や、クリームを肌につけることによって、油分の膜をつくり、肌から水分が出ていかないようにします。美しく、みずみずしい肌を維持し、肌トラブルを回避するには、乾燥対策が重要であるといいます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE