目の下のたるみの原因を突き止める

美容と健康の家

目の下、つまり涙袋と呼ばれる部分にたるみがあると、どうしても疲れ顔、または老け顔に見られてしまうものです。加齢によってお肌にしわやたるみがふえるのはどうしようもないことですが、できれば可能な限り若々しく見せておきたいものです。目の下にどうしてたるみができるかを理解することで、たるみ対策もやりやすくなります。年齢によるお肌の変化は、皮膚のたるみができる要因の最も大きなものといえます。年をとると、今まで皮膚の奥で生成されていたコラーゲンやヒアルロン酸が少なくなりますので、お肌の弾力性が失われてしまうのです。お肌にコラーゲンやヒアルロン酸が多いと、肌の保湿力が高くなり、しっとりとしてもちもちとした皮膚でいることが可能になり、お肌の美しさを保てます。逆に、コラーゲンやヒアルロン酸が減少した肌は、弾力が乏しくなって重力に引かれやすくなり、目の周りなどはたるみが目立つようになってしまいます。スマホやパソコンの普及により、長時間使用している人も少なくないようですが、目に相当のストレスがかかっていることも無関係ではありません。あまりまばたきをしない生活をしていると、目のまわりの筋肉が弱くなって、目の下がたるみやすくなるともいいます。疲れ果てて帰ってきて、メイクを落とさずに就寝する生活が続いていたり、短時間で済ませるためにいいかげんなクレンジングをしていると、皮膚を痛めてしまう可能性があります。皮膚を老化させる要因の一つに、紫外線による光老化があります。出かけるときは季節を問わずUVカットクリームをつけたり、紫外線を遮る帽子や眼鏡をつけましょう。ある程度目を使った作業をしたら、しばらくは目を休めるなどして、目をいたわることも大事です。毎日の生活の中で、ちょっとした心がけの積み重ねが、目のたるみ対策に有効です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE