目の下のたるみの原因と予防方法

美容と健康の家

目の下は、顔の中でも特に加齢の影響を受けやすく、皮膚のたるみが生じやすい部分なので、普段からの予防が重要になります。目の周りは薄くデリケートな皮膚で覆われているため、しわやたるみができやすく、スキンケアが他の部位と比較すると困難です。たるみのない、ハリのある美しい肌になるためには、どうして人間のお肌はたるみができやすいかを知っておくことが大事です。お肌の弾力が失われるとたるみがひどくなることはたくさんの人がしってしますが、ハリを失うきっかけはどんなことでしょうか。お肌のハリに関わっているのは、皮膚の真皮層でつくられるコラーゲンやエラスチンです。コラーゲンやエラスチンが減少すると、お肌のハリが少なくなって、たるみができやすくなってしまうと言われています。また、加齢によって皮下脂肪が増えていくことも、目の下のたるみの原因のひとつでもあります。皮下脂肪が多くなった下まぶたは、重くなって皮膚がたるみやすくなりますので、皮下脂肪を増やしすぎないようにすることが大事です。目の下にたるみができないようにするには、日々のスキンケアで、皮膚にコラーゲンやヒアルロン酸を供給することが大事です。人体は、皮膚の深層でコラーゲンやエラスチンを生成し、肌の保湿に役立てていますが、スキンケア用品を使っての保湿成分の補給も可能です。肌の深層にまでコラーゲンやエラスチンを送り届けるには、高濃度の美容液を使ったり、美容液を使ったパックケアをする方法があります。フェイスマッサージで顔の血流を促進したり、皮下脂肪を燃焼させるために表情筋のエクササイズをすることも、目の下のたるみ対策になるようです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE