産後の下半身ダイエットの方法について

JJ068_350A

産後は増えた体重がなかなか減らず、すぐに出産前の体型には戻りません。出産後、女性は赤ちゃんのお世話にてんてこ舞いになりますので、ダイエットをしたくても、機会がないということが少なくありません。ダイエットは、時間や労力がかかるものも多いですが、多忙な生活をしている人でも気軽にできるものがあります。産後しばらくは下腹部が出っ張ったままですので、何とかして引き締めたいと考えている人は多いようです。腹部の皮は、出産時の大きくなったり、小さくなったりという変動に追いつかない場合があります。腹の周囲についた皮下脂肪についても、出産後も残っていることがあります。妊娠している時は皮下脂肪が蓄積しやすい体質になっているため、お尻や太ももも大きくなります。これら下半身についてしまった脂肪を落とすのは、妊娠で開いてしまった骨盤を元に戻すことで可能になります。本来であれば、体の一部分を引き締めるような部分ダイエットは困難ですが、産後は骨盤の歪みを矯正するだけでも効果があるといいます。骨盤ベルトなどで骨盤のズレを治し、あるべき状態にすることを、優先していきましょう。骨盤は、妊娠中のホルモンの作用によって、ゆるくなっています。すんなりと骨盤が以前の形になってれるように、産後早いうちから、骨盤ベルトを使うといいでしょう。下半身ダイエットを行うことで、妊娠する前よりもきれいなプロポーションになることが可能ですので、産後ダイエットはぜひトライしてみてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE