ダイエットの停滞期を脱出するためには

KK170_350A

ダイエットの停滞期とは、食事を減らし、運動をしていると、始めのうちはスムーズに体重が減るのに、途中で減らなくなることです。停滞期は誰にでも訪れるものであり、この時期をいかに脱出するかが、ダイエット成功の鍵を握っているといっても過言ではありません。停滞期になると、頑張ってもなかなか結果が出ないことにやる気を失ってしまって、途中でダイエットを中断してしまうという人もいます。リバウンドが発生すると、今までの体重になってしまうだけでなく、結果的に太ってしまう人もいるようです。せっせとダイエットに取り組んだのに、太っただけで変わってしまっては、むなしい話です。チートデイをつくって、たまにダイエット条件を緩和することで、停滞期を続ける人もいます。ダイエット中のカロリー制限はきついので、チートデイというずるをする日を1日だけつくって、その日はカロリーを気にせずに好きなものを食べます。ダイエットを始めると、まずは食事の量を極端に減らして、摂取カロリーを減らすことを考えます。ところが、人間の体は、摂取カロリー量が急に少なくなると異常事態が発生したと思って、体内で消費するエネルギー量を減らそうとするのです。このままでは、身体に蓄積されている脂肪すら燃えない状態になってしまいますので、チートデイを設定することで、体にカロリー摂取が潤沢であることほ覚え込ませす。ダイエットをしている人の中には、途中、チートデイがあったために、停滞期を抜けられたという人もいます。チートデイをつくるなら、1日で終わるように予定を組みましょう。何日もチートデイにしていると、ダイエットがうまくいかなくなります。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE