ジェルタイプクレンジングのメリットとデメリット

-shared-img-thumb-SEP_283215075753_TP_V

たくさんの女性がメイク落としにクレンジングをしているため、数々のメーカーがクレンジング剤を販売しています。数ある中でもジェルタイプのクレンジングは、他のタイプのものと比べて肌への密着度が高く浸透しやすい特徴を持っています。肌をこすらずに洗うことがてきますので、ジェルタイプのクレンジングは、お肌が刺激に弱いという人でも安心して利用できます。クレンジングを選択する時には、タイプ別の特徴について理解しておくことで、自分の肌に適した商品を選ぶことができます。ジェルタイプのクレンジングは、オイルが含まれているものと、そうでないものがあります。油分が含まれているクレンジングシェルが大半で、油分を含まないものはごくわずかです。くっきりとメイクをする人は、オイルを含有した洗う力の高いクレンジング剤を使うことで、化粧落としがしやすくなります。クレンジング力が強くなりますが、それだけ肌への刺激が強めになる点がデメリットでもあります。オイルが含まれているクレンジング剤は皮膚の上でよく伸びるので、マッサージにも向いています。一方オイルの入っていないタイプのものは、界面活性剤のみでメイクを落としていきます。そのためメイクの落ち方は少し劣りますが、肌への刺激も少ないため、ナチュラルメイクをしている方にはおすすめです。クレンジング剤を選ぶ時には、それぞれの商品がどういた性質を持っているかを確認した上で、自分にとって使いやすいものにすることが大事です。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE