美容外科や皮膚科での顔のシミ取り治療

1300085365_2e32cb8004_o

顔にできたシミ取りを目的に、美容外科などを訪れる人が増加しています。年齢を重ねると顔のシミが目立つようになってきます。万全の注意を払って日よけの帽子やサングラスを使っていても、ある程度の紫外線は皮膚へと照射されるものです。紫外線による影響で、シミが出来てしまうのは、なかなか防ぎようが無く、難しいものです。体の外からの影響だけでなく、体内の問題からシミが出来てしまう場合もありますから、シミ対策は大変なものです。その一方で、できてしまったシミを除去する技術も、現在の美容医療は飛躍的な進歩を遂げています。外科的手法でシミを取りたいと思ったら、美容外科や、皮膚科に行って、受診してもらうといいでしょう。シミができている部分に特殊なレーザーを照射して、シミの原因となっている色素を焼いて取り除きます。レーザーをあてたところは、施術後しばらくはかさぶたのような状態になりますが、10日くらいが経過するとかさぷたが自然に取れ、シミがなくなります。しかし、このかさぶたが取れるまでの期間は黒くほくろのような状態になっており、そのままでは結構目立つ色になります。シミ取りの治療をした患部は、乾燥させる事が大切なので、あまり覆わない方が良いのですが、何もつけずにいれば周りに驚かれてしまうでしょう。長い休みの前など、人と会うことが少なくなる時期に、シミ取り治療をするといいかもしれません。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る
Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE